【ベストタイミング?】不動産投資を40代から始める理由とは?メリットもご紹介!

サムネイル画像

40歳を過ぎた方の中には、老後などを見据えて不動産投資について考えた事があるのではないでしょうか。もしくは、今さら不動産投資なんてと思われる方も少なくないでしょう。そんな考えの方の中には、20代などの若い方はローン完済できる年齢が早く、利益を得られる期間も長くなり、場合によっては40代、50代からは家賃収入だけで暮らして行く事も可能になってくるため、若ければ若いほど良いのではないかと考える人も多いようです。ですが、20代と年収もまだ少なくローン審査も厳しくなる事もあり、高い収入を安定して維持できる30代から40代の方が不動産投資にベストだという話も聞きます。今回は、40代から始める不動産投資について解説して行きます。

40代から不動産投資を始める理由とは?

マンションの画像

体力が有り余っている20代、30代を過ぎ、40歳を過ぎると体力的にも変化が訪れ、健康の心配面も出てきます。歳を重ねる毎に体の不調は大きくなりその心配も増えていきます。今後何年先も仕事を続けれるのか不安に思う方も多くいます。

以前より定年も近づき、老後の不安も抱え始めだす年代です。これからの時代、年金がちゃんともらえる確証もなくなっています。老後を見据え、定年時に貯金がどれくらいあればゆとりある生活がおくれるのか計算し始める方もいると思います。

そのため、今のうちに資産運用を始めようと思われる方が多いようです。そして不動産投資は特に家賃収入を得る賃貸に回していくスタイルであれば、安定的かつ長期的に収入を得ることができ、加えて他の投資方法とは違い、チャートを頻繁に見たり、相場観を身に付けたりと毎日気にする必要もなく、時間と手間が比較的にかからないというメリットがあります。貯金もそこそこあり資金もある40代から不動産投資を始める方が多いようです。

 

不動産投資を40代から始めるメリット

40代から不動産投資を始める方の多くは、退職時期が近づきつつある中で老後の不安を抱えているという理由が大半です。近年では人生100年時代と言われており、退職後も働き続ける方が多くいます。背景には年金だけでは生活が困難な状況に陥っている方が多いことがあげられます。そのような将来的な不安を払拭するために私的年金を作るという目的で始めているのです。

40代になると教育費の負担増、住宅ローンの返済、親の介護、社会保険料の増加など支出が増えていきます。そのような状況の中、ハイリスク・ハイリターンな金融商品に手をつけるのは非常に危険です。しかし、不動産投資であれば、少ない自己資金で始めることができることに加え、比較的安定したリターンを得ることが可能です。

また、不動産投資ローンは勤続年数や年収など様々な観点から金利や融資額が決定されますが、20代の若手のサラリーマンの方に比べ、40代で勤続年数や大事なポストに就いているような方の方が、金融機関からの融資条件も良くなり、不動産経営において好条件で始めることができるという最大のメリットがあります。

 

貯蓄から見る40代は本当に不動産投資に適正時期?

40代夫婦の画像

総務省が2018年5月に公表している家計調査報告によると、2人以上の世帯における2017年の平均の1世帯当たりの貯蓄現在高は1,812万円となっています。ここでは年代別の貯蓄額と負債額も以下のように公表しています。

  • 70歳以上:貯蓄2,385万円   > 負債121万円
  • 60歳〜69歳:貯蓄2,382万円 > 負債205万円
  • 50歳~59歳:貯蓄1,699万円 > 負債617万円
  • 40歳〜49歳:貯蓄1,074万円 > 負債1,055万円
  • 40歳未満:貯蓄602万円               < 負債1,123万円

貯蓄額については年齢が上がるほど増加します。そして負債額は年齢が上がるほど減少します。この結果から、重要なポイントは若いうちは負債の方が多いですが、40代になると貯蓄のほうが上回るという傾向が見てとれます。不動産投資は不動産投資ローンができるので、40歳未満の方達が不動産投資を始めるとなると住宅ローンなど多くの負債を抱えている状況で不動産投資を始めるのは少し無理が生じます。

その一方40歳になると貯蓄が負債を上回るようになり、投資ができる余裕が出てくるでしょう。不動産投資を安全に行えるポイントは住宅ローンが少なく自己資金が十分にあり、余裕があることです。なので40歳未満の方だとその条件がなかなか満たせず、不動産投資が安全にできるのは、40歳以降ということになります。

 

不動産投資を40代から始める場合は会社選びが重要

不動産投資を始める際にはある程度の知識を付けておくことが大事です。いくら安定したリターンが得られると言っても投資である以上、必ず成功するということではありません。自分なりに成功するための知識を付けていきましょう。しかし、不動産業界にお勤めでない限り、専門的な知識を付けることは困難です。そのため不動産会社の方に相談しながら話を進めていくことが必要になるのですが、信頼のおける会社に相談をしなければ不動産投資を成功させることが難しくなってきます。不動産投資は入居者管理などを専門業者に依頼することや、入居斡旋などをお願いすることが大半です。しかし中には売って終わりの会社も存在するため注意が必要です。ある程度の知識を付けていきながら、自分が本当に信頼できると思った会社から本格的な説明を受けるようにしましょう。

いえーるコンシェル



不動産投資の知識を付ける方法には本やセミナーなど様々ですが、資料請求から始めることをおすすめします。資料請求から始めてから、セミナーに参加したりと徐々に知識を付けていくようにしましょう。中でもおすすめなのがいえーるコンシェルを活用することです。いえーるコンシェルは首都圏の不動産会社100社以上から厳選した信頼できる会社だけを紹介しています。いえーるコンシェルから厳選された会社に資料請求をすることができ、万が一にでも執拗な営業活動が行われた場合には即時対応してくれるため安心することができます。

 

不動産投資は40代からが有利

不動産投資に40代は最も適している年齢です。その理由として貯蓄からしてもちょうど投資できる余裕が出てくるタイミングでもあり、特にサラリーマンの方など勤続年数が長く、年収が安定しているという観点から、融資を金融機関から受けやすいという面もあります。不動産投資ローンの返済期間は一般的に、20年〜35年に設定される方が多く、40代から始めると定年時期頃にローンを完済でき、資産にすることもできます。40代の方になると比較的貯蓄もあり、頭金を多く用意できることが多く、毎月の返済を減らせることも返済期間を短くすることも可能です。タイミングとしてはベストタイミングであり、家賃収入を長く受けられ、不動産投資に大変有利な時期と言えるでしょう。40代からの不動産投資をぜひご検討して見てはいかかでしょうか。

【関連記事】不動産経営とは?仕組み・リスクについても解説!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です